残留農薬を知り対策を立てる

残留農薬について知り 対策を立てる

 

日本の農薬の使用量は世界的にもトップレベルなんて話を聞くと、子供や家族のために農薬対策をしなければと、いてもたってもいられなくなりますよね。

 

ここでは農薬に対して私たちがどのように向き合っていくべきなのかを考えていきたいと思います。

 

残留農薬にたいする一般的な認識は農家が使った農薬が野菜に残留ししたものと考えられています。

 

でも、ひと口に農薬といっても、殺虫剤 除草剤 抗菌剤 植物成長促進剤と種類は様々です。

 

そのほかにも、家庭で使われている家庭用殺虫剤、キッチンやトイレの殺菌・抗菌剤など、私たちの身の回りにも農家が使う農薬と同じ成分が使われている商品が意外と多く、その使い方によってはどれも残留農薬となる原因にになるのです。

 

家庭の中にも存在している残留農薬に対して私たちはどこまで、身構えて用心しなければならないのでしょう?

 

 

 

 

残留農薬はそこまで心配することはないという考え方も・・・

 

  • 人と虫や草では体の構造が違う

 

殺虫剤の仕組みが昆虫の脱皮を阻害することにある場合、脱皮をしない人間には問題が無い

 

光合成を阻害することで草木を枯らす作用をするため光合成をしない人には問題が無い

 

昆虫と人間の体の大きさがちがうため、虫にとっては毒であっても人間にとってはすぐ代謝できるため問題が無い      

 

と、考えられていること。

 

  • 厳しい毒性検査をへて農薬は使用されている

 

新しく農薬が開発された場合、安全性に関する様々な検査を行い国から登録許可が下りなければ商品として認可されない。
また、農薬使用後、食品として流通するときも基準値を超過する農薬が検出されれば流通は禁止されるということ

 

 

 

 

そもそも農薬は農作物の生産量を維持するために農作物を病気や、害虫被害から守るためのものであるので、豊かな食生活をこうして送れるのも農薬の恩恵にあずかっている証拠です。

 

しかも、日本は高温多湿で害虫が発生しやすく、農業後継者の不足と相まって、農薬を使わざるを得ない状況であることもたしか。

 

ですから、より安全に農薬を使用するために法の整備から毒性の少ない農薬の開発と様々な対策が取られたうえで、農薬は使われているのです。

 

残留農薬に関してはそこまで神経質になる必要はないし、日本の農産物はダメといった極論は避けたうえで、それでもなお残る残留農薬の危険性についてここからは述べていこうと思います。

 

 

それでも100%安全とはいえないので

 

  • 不適切な使い方、使用量による危険性

 

基本的に農薬は分解・飛散することで残らないように設計されていますが、それは使用者が用法や用量を正しく使った場合です。
もし、農薬使用者が、まちがった使用をした場合には、健康被害もあり得るということです。

 

  • 薬剤や他の化学物質と接触により副作用が起こることも

 

農薬は使用量が適切であれば、低濃度であるので問題がありませんが

 

例えば  抗生物質を飲んでいる人が、農薬用抗菌剤に接するとその組み合わせで体調を崩したりあるいは 単独では問題ない農薬が、他の農薬と接した時に化学反応が起こさないとも限らないことです。

 

  • 人と虫や草との構造が違うといっても

 

体質的に化学物質にアレルギー反応を起こしてしまう場合は要注意。

 

あるいは、虫の神経系に作用する農薬の場合神経系の構造は人も虫も同じなので人間にとっては微量であるので問題がないといわれても不安が残ります。

 

パーキンソン病や こどもの場合 ADHD【注意欠如・多動性障害」などに神経性農薬の影響を与えるといわれています。

 

 

 

 

農薬を使わずにはいられない農業事情と、法的な整備や研究により、毒性が極めて低くなっている日本の農薬であるけれども、100%安全でないということも今の農産物が置かれている状況なのですね。

 

そうであるならば、やはり家庭でできる残留農薬対策は必須です。

 

いたずらに恐れる必要はないけれど、できるものなら安心なものを食べさせたい。

 

そのために何を使って野菜を洗うことがベストなのかを、もう一度考えてみてくださいね。

 

 

⇒ベジセーフの公式サイトへ